Globals

グローバル定数

PixelsWorldのグローバル定数は次のように定義されています。

const.lua

PI  -- 円周率
TPI -- 円周率二倍
HPI -- 円周率半分
QPI -- 円周率四分の一
E   -- 自然数
PHI -- 黄金比
R2  -- ルート2
R3  -- ルート3
R5  -- ルート5
R7  -- ルート7
INPUT -- インプットテクスチャID -1
TEMP -- 一時のテクスチャID -2
OUTPUT -- アウトプットテクスチャID -3
PARAM0 -- レイヤパラメーターテクスチャ 0
PARAM1 -- レイヤパラメーターテクスチャ 1
PARAM2 -- レイヤパラメーターテクスチャ 2
PARAM3 -- レイヤパラメーターテクスチャ 3
PARAM4 -- レイヤパラメーターテクスチャ 4
PARAM5 -- レイヤパラメーターテクスチャ 5
PARAM6 -- レイヤパラメーターテクスチャ 6
PARAM7 -- レイヤパラメーターテクスチャ 7
PARAM8 -- レイヤパラメーターテクスチャ 8
PARAM9 -- レイヤパラメーターテクスチャ 9
platform -- Windows == 0, ほかのプラットホームはまだ無し 
host -- Ae == 0, ほかのホストはまだ無し

グローバル変数

グローバル変数は次のように定義されています。

globalvars.lua

depth -- Dpc: 8,16,32
width -- Width input image
height -- Height input image
time -- Current time(s)
duration -- Duration of current layer(s)
inpoint -- Inpoint of current layer(s)
compTime -- Comp current time(s)
pluginFolder -- The plugin folder(utf8)
projectName -- Project name(utf8)
projectPath -- Project path(utf8)
projectFolder -- Project folder(utf8)
ds_width -- Width of downsampled input image
ds_height -- Height of downsampled input image
origin_x -- The X coordinate of left top corner of input image in the layer coordinate. 
origin_y -- The Y coordinate of left top corner of input image in the layer coordinate.

グローバル変数を全部プリント

次のコードを用いてグローバル変数をシーンにプリントします。

printGlobals.lua

version3()
in2out()
for k, v in pairs(_G) do
    print(k)
    print(" " .. type(v) , .5,.5,.5)
    print(" ".. tostring(_G[k]),0,1,1)
    println("")
end

results matching ""

    No results matching ""